特商法を理解してクリーンな取引を行う必要性

せどりや転売ビジネスにはルールがある

最近ではネット副業としてせどりや転売ビジネスが注目され、売り値と仕入れ値の価格差を利用して利益を出せる仕組みです。仕入れや売却をするときはルールを守って取引をすることが求められ、違反をすると処罰されるため無意味になります。

特商法はクリーンな取引をするために消費者庁が設定し、販売元の住所や連絡先を明記し誇大広告など相手に不利益を与える行為は禁止され守ることが必要です。

最近ではネット通販を利用して仕入れる方法が定着していますが、対面での取引でなく相手が分からず不正をされやすいため特商法を設けています。

このため、仕入れる際には特商法による表記があるか確かめ、トラブルが起きないようにすることが大事です。せどりや転売ビジネスをするときは事前に特商法の内容を理解し、信用を失わないように取引を行う必要があります。

特商法で禁止されていることとは

特商法は安心して取引を行えるよう消費者庁が設定し、相手が不利益を被る行為は禁止しています。禁止している内容は名前や住所、連絡先を偽ることや、誇大広告などで勧誘したり偽物の商品を送りつけることです。
このような行為は相手の信用を失うことだけでなく迷惑をかけるため、責任を持って取引を行うようにする必要があります。特商法は安心して取引ができるように改正されることもあり、最新の情報を理解して行うことが大事です。

せどりや転売ビジネスはショッピングが好きな人に向いている副業で、経験を通してマーケティングに関する知識をつけることができます。
しかし、特商法を守らないと相手の信用を失い、悪い評判を流されたりリピートされずに売れなくなるため注意が必要です。

リピーターを確保できるように努めよう

せどりや転売ビジネスをするときはリピーターを確保すると継続して利益を出せ、このためには特商法をきちんと理解する必要があります。
特商法は売り手と買い手の双方に対して安心して取引ができるように基礎的なルールとして設定され、守ってクリーンな取引を心がけると信用を強化できて便利です。
リピーターをを増やすためには相手のニーズを確かめ、仕入れる商品を決めて満足してもらうようにすると効果があります。

せどりや転売ビジネスは在庫を抱えないようにしたいもので、リピーターを確保するとチャンスを作れて効果的です。
このため、特商法を守ってクリーンな取引をすれば利益を確保しやすく、やりがいを感じてできるようになります。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする